平山建設の歴史
Company History

明治34年(1901)
平山商店「代表者 平山金吉」が木材、薪炭の営業を開始
大正5年(1916)
平山商店 代表者 平山金吉が成田市幸町 459の地で建築請負業を開始
昭和22年(1947)
平山材木店を合資会社平山木材店に組織変更し、代表社員として平山清が就任
昭和37年(1962)
平山建設株式会社(資本金100万円)を設立し、(資)平山材木店より建築土木工事部門を引継ぐ
代表取締役に平山金吾が就任
材木業と兼業しながら、木材住宅を請け負う

建設中の芝山中学校(当時)

昭和38年(1963)
芝山中学校建築の受注をきっかけに、建設業へ本格参入
平山一級建築士事務所設立
殖産住宅相互(株)指定業者となる




新社屋

昭和48年(1973)
平山木材と完全分離し、創立10周年記念事業として、
新社屋を成田市花崎町795番地(現、成田市役所前)に建設




昭和50年代~60年代
景気の拡大、お取り引き先にめぐまれ、業容は順調に拡大
成田周辺に着実した施工実績を重ねる(施工例:成田商工会議所、コートマンション等)
一早い海外視察を行い、先進の建築技術を学ぶ

平山建設のモットー【心・美・信・禮・創】

昭和62年(1987)
創立25周年を記念し、CI(コーポレイトアイデンティティ)を導入
新社章・新経営理念を制定
平成2年(1990)
お客様へより高い価値を提供するため、組織改革を実施し、5部10課制とする
「ハイクオリティー・ローコスト」を前面に押し出した鉄筋コンクリートマンション、ハイハウスを開発

スタウト(内外断熱集合住宅)

平成3年(1991)
ハイクオリティー・ローコスト・鉄筋コンクリート賃貸住宅ハイハウス
「スタウト」(内外断熱集合住宅)の供給開始
平成17年3月現在、60棟・900世帯以上に供給

平成7年(1995)
宅地建物取引業者の免許を取得
賃貸管理業開始
カナダで開発されたものを独自にアレンジした
「内外断熱工法」を確立



平成11年(1999)
建設業の品質確保の為、品質管理システム「ISO9000シリーズ」認証取得

【センターホテル】成田京成成田駅前にオープン

平成12年(2000)
シェル太-22(内外断熱住宅)、発表
センターホテル成田開業(企画・設計・施工・運営まで、一環して平山建設が担う)
ISO導入


シェル太-22(内外断熱住宅)

平成13年(2001)
創業100周年を迎える
平成17年(2005)
成田(Narita)を根拠地にして、住空間(SPAce)を提供するファミリーデザインハウス(NaSPA)を発表
平山金吾が代表取締役会長に、平山秀樹が代表取締役社長に就任
平成23年(2011)
設立110周年、設立50周年
高専賃事業開始
平成27年(2015)
組織改革を実施し、5部1室12課制とする
  • 平山建設の歴史
  • 取り組み
  • 代表者ご挨拶
  • 採用情報

  • 関連リンク センターホテル成田 株式会社日本橋財産コンサルタンツ



  • 成田さんポ